市民イベント 【渋川市】

群馬県渋川市 イベント・行事の紹介

群馬県渋川市 イベント・行事の紹介

群馬県渋川市及び北群馬地区における市民活動等の公共性のあるイベント情報を掲載いたします。掲載希望情報がありましたら「渋なび」までお知らせ下さい。

詳細は【チラシを見る】をご覧ください

インフォメーションInformation

名称 市民イベント フリガナ シミンイベント
住所 群馬県渋川市 TEL

ピックアップニュースPickupNews

2018/12/03

市民講座 生と死のフォーラム 第208回  作者が語る―――小説『死の川を越えて』

 

市民講座  フォーラム 208 

作者が語る―――小説『死の川を越えて』

~差別と偏見の中に見る人間の光~

講師/日本ペンクラブ会員・群馬県日本中国友好協会会長 中村 紀雄

()10:30  入場無料

会場/群馬ロイヤルホテル 

およそ一年にわたって上毛新聞に連載された小説『死の川を越えて』は、ハンセン病と闘う人々の物語です。あらすじを紹介しますと、「死の川」というのは草津の強酸性の流れのことで、あらゆる生命の存在を許しませんでした。この川の辺に、助け合って生きるハンセン病の人々の集落があり、集落の少年、正助は万場軍兵衛を訪ねて「俺は人間として生きたい」と言います。すると軍兵衛は「この集落からはハンセン病の光が発している」と不思議なことを語ったのです。

 物語の背景は戦争の時代です。ハンセン病の患者は国辱とされ隔離されていきました。この隔離政策の象徴が草津に作られた悪魔の監獄「重監房」でした。時代は遷り、日本は戦争に敗れ、人間尊重の「日本国憲法」が誕生しました。万場軍兵衛は「憲法を活かし国を相手に裁判をせよ」と言い遺して世を去り、ハンセン病の元患者たちは訴訟の場で力を合わせるのです――

 差別と偏見の根源にあるものは何か、なぜ、それは今も止まないのか。法は誰のものなのか。私たちの問いはまだ続いています。

バックナンバー

2018/12/03
市民講座 生と死のフォーラム 第208回  作者が語る―――小説『死の川を越えて』
2018/10/04
伊香保温泉河鹿橋紅葉ライトアップ2018
2018/09/26
市民講座 生と死のフォーラム 第206回  ご先祖さまと共に生きるⅡ
2018/09/25
市民講座 生と死のフォーラム 第205回 何がどう変わったのか

市民イベントEtcPhoto

伊香保温泉河鹿橋紅葉ライトアップ2018 9/25 島原末廣屋葵太夫の夕べ~日本の名湯伊香保温泉で日本のお座敷文化にふれる集い~ みんなの夜の遊園地2018 第二回Garden(ガーデン) 渋バル2018
渋川山車祭り2018.8.10~12 TOYOTA GAZOO Racing in渋川 2018 しぶかわ桜まつり2018 春休み子育て交流フェスティバル 巡回写真展『スウェーデンのパパたち』