見城農園【幻の洋梨コミス】 【渋川市】

Tel:0279-24-0280

幻の洋なしコミスなら群馬県渋川市の見城農園。お取り寄せにぜひ!

幻の洋なしコミスなら群馬県渋川市の見城農園。お取り寄せにぜひ!

知る人ぞ知るフルーツ!テレビ番組『どっちの料理ショー』(2002.2.7)で特選素材として選ばれ、7対0という圧倒的大差で圧勝したあの幻の洋梨、コミス(ドワイアンヌ・デュ・コミス)は、ここ群馬県渋川市見城農園(生産者:見城 彰さん)のものなのです!

コミスは栽培が難しく、生産量がふつうの洋なしの1/15と少ないため、東京の青果店や高級専門店で扱われ、一般の店頭ではあまりみかけることのない品種です。
しかし、かつて天皇の料理番とうたわれた秋山徳蔵氏がその著書の中で『かす1つ残さず溶けてしまう』『四十年たった今でもまだあの味が舌に残っている』と絶賛したほど心を吸い寄せる洋梨がこのコミスなのです。

コミスの魅力にとりつかれた生産者の見城 彰さんは一流の味を求めて約30年、失敗に失敗を重ねてそれでもめげずに研究をかさね、ようやく2000年頃から安定した味を出せるようになり、今では関西で特に好評で、あの有名ガイドブックの三ツ星をとった高級料理店3件へも卸しています。

なめらかでとろけるような舌触り、香りの素晴らしさ、一度食べたらきっと忘れられなくなるでしょう。

地方発送も承りますので群馬県渋川市の幻の名果として贈答用としてもお使いください。

【発送】 ※ 送料・税込
■ 特大サイズ1.7kg:4,500円(4個程度)
■ 大サイズ 2.6kg:5,500円(7個程度)

ご連絡お待ちしております。(Tel/Fax 0279-24-0280
※必ず電話にて在庫を確認してからご注文をお願いいたします

今年のコミス出荷予定は10月20日からです。それまでコミス楽しみにお待ちくださいませ。

インフォメーションInformation

画像1

この根元にこんもり盛り上がった堆肥がコミスの生命。 年間軽トラ350台分の落ち葉を入れ、その上に押さえの草を200台分。 この手間を惜しまないため吸収根は通常の5倍位伸びている。

画像2

収穫後、0℃で2週間寝かせた後室温に戻してから出荷。 黄色くなったら食べ頃で、コミスは半分に切った後も熟成する。

画像3

コミス職人の見城 彰さん。コミスへのこだわりはもはや芸術家の域。

名称 見城農園【幻の洋梨コミス】 フリガナ ケンジョウノウエン
住所 〒377-0008 群馬県渋川市渋川(坂下)874 TEL 0279-24-0280
公式サイト http://www.kenjo-comice.com/ e-mail
お取り寄せ受付期間 10月初旬~12/20    

ピックアップニュースPickupNews

2017/10/31

出荷が始まっています!

幻の洋なしコミスを生産・販売する見城農園です。

今年もコミスの出来は最高です!
おかげさまで港区新橋にある、フレンチ界で注目の料理人杉本敬三シェフが開いたレストラン、 ラ フィネスからも注文いただきました。

必ず電話またはファックスにて在庫確認の上、ご注文をお願いいたします。
0279-24-0280

※農場に来られるときは、お手数ですが、必ず事前にお電話ください。

写真はキズもののコミスと夏に採って冷凍しておいたブルーベリーでつくったビタミンたっぷり贅沢スムージー♪
子どもが熱を出して食欲がなかったので・・・。

マップ&アクセス Map&Access

【見城農園】
渋川市明保野の榛名病院の東側。
群馬県道33号線(渋川松井田線(上毛三山パノラマ街道))、伊香保に向かう途中の明保野の信号を過ぎてすぐ、セブンイレブン西を左折後直進約500m
※不在のこともありますので必ず事前にお電話ください。